ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設の簡単手順!

この記事では、国内暗号通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法について、初心者でも理解しやすいように解説していきます。

ビットフライヤーの口座開設に用意するモノ

まず、口座を開設する前に準備しておくモノを紹介します。

  • メールアドレス(スマホで確認できるアドレス推奨、Gメールが楽)
  • 本人確認書類(運転免許証orマイナンバーカード推奨)
  • 銀行口座(普段利用している銀行口座でOK)

この3つだけです。

通常の銀行口座の口座開設と異なり、印鑑は基本的に不要です。

ちなみに、「住信SBIネット銀行」「三井住友銀行」は入出金にかかる手数料が少し安くなります。

ただ、わざわざそのために銀行口座をつくるほどでもないので、普段遣いしている銀行口座でOKです。

ここでの注意点は、本人確認書類は原則的に、運転免許証・パスポート・在留カード・マイナンバーカード(顔写真が入っているもの)になるので、通知カードは使用できません。

口座開設の具体的な手順

  1. 公式サイトからよく使うメールアドレスを新規登録する
  2. 二段階認証の設定を行う
  3. 取引時確認の入力をする
  4. 本人確認書類を提出する
  5. 利用する銀行口座を登録する

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

1.公式サイトからメールアドレスを新規登録する

まずは、公式サイトからメールアドレスを新規登録してアカウントの作成をしましょう。

bitflyerメールアドレス登録

赤い囲み枠内に、メールアドレスを入力してください。ちなみに、PCでもスマホでも手続きを進めることができますが、スマホの方が本人確認の際に簡単なのでおすすめです。

ビットフライヤー口座開設手順2

登録したアドレスにキーワードが送信されるため、正しく入力します。

メールが届かない場合は、迷惑メールのフォルダも確認してみてください。

パスワード設定後、上記のチェックボックスすべてにチェックをして、完了です。

キャンペーンメールはお好みでどうぞ。

2.二段階認証の設定を行う

次に、二段階認証の設定を行います。

最も簡単な方法はSMSでの認証設定となります。

認証アプリをすでに使用している人は、そちらでも構いません。

ビットフライヤー口座開設手順4

二段階認証はセキュリティを強化するために、必要なことです。そのため、自身の資産を守るためにも、二段階認証は必ず行いましょう。

セキュリティ対策はとても重要です。

不安な方はログイン時にもきちんと二段階認証をしてもいいでしょう。

3.取引時確認の入力をする

二段階認証が完了したら、取引時確認の入力をします。内容は、以下の通りです。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 資産状況
ビットフライヤー口座開設手順5

案内に従って順番に基本情報を入力しましょう。

4.本人確認書類を提出する

次に、本人確認書類を提出します。

本人確認を完了しなければ、取引を始めることはできません。

本人確認書類を提出する方法は2つです。

本人確認書類を提出する方法

  1. クイック本人確認
  2. 対面での本人確認

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

クイック本人確認

クイック本人確認とは、アプリ内で本人確認ができるサービスです。

免許証自体をスマホで撮り、インカメで自分の顔を撮影するだけです。

スマホの操作も簡単で、細かく指示してくれるので安心です。

ビットフライヤー口座開設手順6

オンラインですべて完結させられるのでおすすめはこのクイック本人確認になります。

対面での本人確認

対面での本人確認の申し込みを行ってから、数日後に佐川急便の方が自宅に来て、必要な書類の配達と同時にその場で本人確認を行います。

その際に使える本人確認書類は3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

上記3点のうちどれかがなければ、本人確認が行えないため、必ず事前に用意しておきましょう。

2~3営業日かかります。

5.利用する銀行口座を登録する

本人確認後、利用する銀行口座を登録します。

なお、上記でも言いましたが、ビットフライヤーでは、入金の際に住信SBIネット銀行・出金の際に三井住友銀行を利用をすることで、手数料を抑えることができます。

銀行口座の登録では、必ずご自身の名義の口座の登録をお願いします。

銀行口座と本人確認が一致しないと審査が進みません。

以上で口座開設の完了です。

お疲れさまでした。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました